1. HOME
  2. Blog
  3. IT活用メディア

GIB News

ニュース

IT活用メディア

生体認証の市場調査資料2020

GIBJapan宮本です。 生体認証市場について書こうと思います。スウェーデンに留学していたデザイナーさんにも調査に手伝っていただきましたことに感謝します。 2019年に輸入したマイクロチップ。マイクロチップを埋め込んだ人が集まる会が六本木であったと聞いたが、そういうのは是非行きたいと思ってます。脳にチップを入れるのであれば挑戦してきたいです。 チップは凄いちっさいので、すぐに無くしそうです。 今は指輪型のマイクロチップを常備使用しているが、非常に邪魔である。体験してみるとそう感じるようになる。 日本の技術力が向上することを祈ります。 Japanese Report 1、スウェーデン生体認証市場 スウェーデンではリアルなお金の割合が1%以下になっており、現金がほとんど必要ない国でもある。 「現金のない社会」を政策目標に置いており、マイクロチップを親指と人差し指の間の部分に移植して、デジタル決済を行う簡易決済が登場している。 米粒ほどのマイクロチップは注射器を通じて体に移植することができ、180ドル程の費用がかかる。 2015年から使用されたこのマイクロチップはスウェーデンでは4000人以上が利用している。 全国の鉄道でバイオマイクロチップを導入して、内蔵されたチップで入場できる。ジムチェーンのノルディックウェルネスNordic Wellnessの172の支店の多くの支店でも、職員と会員たちは手で回転ドアとロッカーの施錠を解除してモニターで運動状況を確認することができる。 導入を進めてる会社 http://www.biohaxtech (スウェーデン) 2、可能性とその他現状 インドの市場調査会社のマーケット・アンド・マーケット・リサーチMarketsandMarkets Researchが昨年11月に発表した報告書によれば、世界のバイオチップ市場は2020年まで177億5,000万ドルの規模に成長する展望だ。 2018年は未来志向的なビジョンで有名な企業人イルロンマスクは、カリフォルニア州所在のベンチャー企業ニュートラルリンクNeuralinkに投資していると明らかにしたこともある。 ニュートラルリンクは脳に電極を移植して考えを読み取る技術を研究している。 英国バイオチップ企業バイオテクBioTeqは昨年11月国内外で約150個のマイクロチプを移植したと発表。 米国ではつい最近まで外部モニターとしてしか使われなかった体内挿入物から血糖数値、心拍数など各種数値を測定する事例が急速に増えている。 ニューヨーク市金融サービス企業ジェフリーズフィナンシャルグループJefferies Financial Group所属の医療技術アナリスト、ラジデンホイRaj Denhoyも 「体内のチップにこのような機能を組み込むのは難しくないことだ」 と発言している。 彼は今後、バイオチップが急成長曲線を描くと確信している。 「治療結果向上のための臨床データ活用は、今後本当に大きく成長する分野だ。 バイオセンサーが医療介入の質を向上する水準まで明らかに拡大するだろう」。 – スウェーデン以外のバイオチップ関連企業: https://www.bioteq.co.uk/index.php (イギリス) https://www.projectcompany.org (ブラジル) https://dangerousthings.com (アメリカ) 3. 長所と短所 チップ移植企業は個人情報保護から医療倫理まで様々な障害を乗り越えなければならない。 インターネットとつながる機器が、自分の体内に永久的に存在するという事実自体に抵抗がある場合がある。 そのため、バイオチップの使用に関する些細なニュースでさえ反感を買う可能性がある。 バイオチップがすでに広く認められている分野もある。 スウェーデンなど多くの国では行方不明に備えてペットにチップを導入した。 バイオチップの一種である心臓拍動器(ペースメーカー)はすでに数十年前に商用化された。 それでもチップの組み込みに相変らず反対する人が多い。 米アリゾナ州メサに位置する決済専門グローバルコンサルティング会社AZペイメントグループAZ Payments Groupの社長リチャード 오オグルズビーRichard Oglesbyは「チップの挿入は体に刃物を当てる行為であり、不要であり、それほど有用でもない。 まったく同じ機能を手軽に提供するウェアラブル機器もある」。と指摘する。 決済のほかに入場券や出入り証などさまざまな用途で使われることから、蓄積される情報が監視·統制の目的として悪用される。 バイオハッカーたちはチップ反対論の根拠が貧弱だと見ている。 バイオチップは自立して動かず受動的なため、ユーザーの位置を絶えず伝送するスマートフォンより個人情報侵害の危険が低いという。 「2万ドルの罰金で波紋拡大しているスウェーデンのGDPRの判決」 スウェーデン内のある学校で行政業務の向上をため、学生たちの顔面情報を取って追跡する実験を行った。事前に学生当事者と親の同意を得た状態で、実験が成功裏に終わったが、GDPR監督機関の介入後、プロジェクトが中断された。 実験の同意書が学校と学生との関係で、立場のバランスが取れないままなされたことが問題になった。 この判決は、生体情報の収集にかかわる行動が起こり、これに伴う同意書が作成されたとしても、「立場のバランス」の問題から同意書が認められないこともあり得ることを内包する。 そのため、多くの生体認識関連企業、組織が想定すべき状況がもう一つ生じたと考えられる。 欧州諸国に配置されたGDPR監督機構は、個人情報の処理において「雇用人と被雇用人の関係で、同意書だけですべてが承認される状況」を打破しようと動いている」と明らかにした。 権力の不均衡が深刻である場合、同意書は実際の保護効力を持たないからだ。 生体情報は特殊な個人情報であるため、この事件が与えるメッセージは「生体認証を安全に使える方法が必要である」というものである。 事業的な側面から見れば、過度に規制的とも考えられるが、市民の立場から見れば、信頼できる安全装置が働いたと見ることができる。 国際探査報道ジャーナリスト協会(International Consortium for Investigative Journalists)は最近の報告書で、新技術に対する規制がない環境で、患者が「まともな試験を経ていない生体挿入物」(バイオチップだけを意味するものではない)の移植を受けて負傷した事例が多い国で報告されたと告発。...

IT活用メディア